気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のシゴトをこなしていたある日の事、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見て悲鳴を上げそうになりました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか思い知らされた気がしたのです。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに疲れて帰ってきてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、飲む美容液。

ローズヒップティーです。

レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを贅沢にふくみ、くすみ、シミの元を体の内側からなくし、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、紫外線のダメージから救ってくれて、肌に輝きを取り戻してくれるのです。

老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、肌年齢の若返りに期待出来ます。

肌の悩みで最も多いのは水分量の低下ではないでしょうか。

水分量の低下はとてもやっかいで、小じわが出来る持とにおちいったり、肌荒れにまでなってしまいます。

そんな悩みにお勧めしたいのが、お風呂上りに化粧水をすぐつける事です。

お湯を浴びたにもか代わらずお風呂上りは肌が一番乾燥しているので、化粧水を10秒以内につけるのがおすすめです。

以前から雑誌やSNSで話題になっているプチ断食を何度か行って、引き締まるところが引き締まったので、全体に良い感じのボディラインになりました。

そんなに急なダイエットではないし、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか代わらず、なんだか肌にハリがなく、シワが目立つような気もします。

急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。

そもそも顔は痩せてないし。

時期的にダイエットと無関係とも言えませんから、肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。

しばらくはシワケアのほうを優先指せ、落ち着いたらダイエットに再挑戦しようと思っています。

紫外線はシワの原因となるので、外出の際は日焼け止め専用のクリームを塗ったり、日傘(強い風でも大丈夫なブラントというブランドのものや24本骨のものも人気ですね)を使うなど紫外線対策を十分に行ないましょう。

さらに、数多くの紫外線を浴びた時には、ビタミンCの入った美容液を用いるなどしてお肌の手入れを行って下さい。

毎日きっちりとスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)をおこなうことで、シワを予防することが出来ます。

肌に皺が可能でる原因のひとつとして乾燥は、結構手強い存在です。

肌の深い部分の水分が不足すると、脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。

目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため外部からの刺激に弱く、シワが出現しやすい場所です。

肌の弾力維持に必要なコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などは年齢と共に減少しますから、たるみによって顔の表情がかわってくるのもこの頃です。

シワやシミもできやすく、一度出来ると消えにくいのも特長です。

敏感な肌の人の立場からすれば、乳液の素材は気になります。

刺激がはなはだしいのは控えたほうが良好ですね。

漸く使っても、さらに肌が悪くなってしまっては困惑します。

敏感な肌むけの乳液も用意されているので、そういうのを使うと快いかも知れません。

敏感な肌の種類も人によりけりなので、自分に合った乳液を探しもとめるのが大事だと思っています。

少し前にガングロが流行りましたが、ここにきて二度目の流行の兆しを見せています。

数あるスタイルの一つとして落ち着き始め立とも言えますが、お肌のシミが心配ですよね。

誰でもではないと思っていますが、やはりガングロ卒業後にはケアしていた人よりも多くのシミが目立つようです。

適量のお酒は血行を良くしてくれるので、お肌のためにも良いといわれています。

日本酒の酒粕はパックとして使えます。

美白に良いといわれています。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を加えてペースト状にし、ペーストになるまでよく混ぜます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

持ちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、肌が薄くなることがわかっています。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私立ちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層の重なりで、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていく訳です。

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届いてしまいます。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、結果として肌にシワやたるみが可能でてしまうのです。