私の母親は数年前からできてしまった顔のシミにじっと考え込んでいました。

そのシミがどのくらいかというのは十円玉ほどの大きさが一つ、少し小さいものが何カ所か両頬に散乱していました。

1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミにいい」と聴き、すぐさま毎回の食事にできるだけ摂取してきました。

だから、シミは薄くなっています。

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)ではありますが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミを造る原因の一つであるということはあまり知られていません。

例として挙げるなら、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になるはずです。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが今や周知の事実です。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、その治療は紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)によるシミに比べて困難であるといったことも他のシミとの大きなちがいです。

ケアしていても乾燥するという話をよく効きます。

もしかするとお手入れの「時間」に原因があるのかもしれませんよ。

湿度が高いバスルームから出たり、洗顔したての肌は、弾力があって充分な湿度がありますよね。

だけど本当は、表面上だけで、そのあとすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?雨が降ったあとに急に乾いた泥はヒビ割れが生じますが、それと同じこと。

シワや乾燥の原因を創りやすい時間になりますが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあるのです。

つまり、この時間を上手く使うことが美肌のカギなのです。

入浴後や洗顔後は顔を拭いたら(こすらない)直ちにアルコールフリーの化粧水で保水ケアして下さい。

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て結構ビックリしました。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を突きつけられた気がしました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。

元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前ですが、同じ基礎化粧品ならエイジングケアのコスメを使用したほうが良いと思い、基礎化粧品を変えてみました。

年齢相応の商品らしく、使ってみたら肌のツヤやハリなどが明らかに異なり化粧のノリまでもがちがい、こんなことならばもっと早くに使用していればよかったと思うほどです。

化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、多数の人は肌がボロボロになることを頭に思い浮かべると思いますが、実は正反対で意外に肌は綺麗になるはずです。

化粧品の力というのは肌に悪影響を及ぼすので、それを使わないようにしてワセリンのみを塗るのが1番優しいスキンケアだといえます。

それぞれの人で肌質は異なっています。

普通の肌、乾燥肌、敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)など、いろいろな肌質がありますが、なかでも、敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)の人は、どんなスキンケア商品であっても適しているとは言えません。

もし、敏感肌(先天的な要因の場合もありますが、後天的な生活習慣などが原因になっていることも多いでしょう)用ではないスキンケアの品を用いてしまうと、肌にわるい影響を与えてしまうこともあるので注意して下さい。

出産は人生で数えるほどしか体験しないことですが、その際の肌の悩みについては充分書かれていないようです。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大聴く、しわやシミ、肌のたるみなどが生じることは避けられません。

2つある女性ホルモンのうちエストロゲン(女性らしさを作り、美肌効果があります)が減少するので、肌の乾燥がひどくなるため、以前から部分的な乾燥状態だった部分に色素が定着すると、中々とれないようです。

また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特徴です。

外からの影響を受けやすいため、産後の肌質の変化に対応するには、極力マイルドで添加物の少ない化粧品で保湿に重点を置いたお手入れをするようにして下さい。

ベビーちゃんと供に使えるケアアイテムもあるようです。

少し前にガングロが流行りましたが、最近になって再び、流行の兆しを見せています。

一つの形としてなじんできたのかもしれませんが、お肌のシミが心配ですよね。

みんなが同じって所以ではないでしょうが、ガングロをやめた後はケアしていた人よりも多くのシミが生じるように思われます。

アンチエイジングはいつから始めるべ聴かというととにかく、早いうちからやる事が重要です。

遅くても30代から始めることをすすめます。

特に目の周辺の皮膚は薄いため、目元、周りを保湿するのは絶対必要なことです。

また、化粧品だけにこだわるのではなく、毎日、バランスのとれた食生活を送り、正しい生活のリズムをきちんと整えるべきです。