最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、いろんな雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをこなしてみたら、3キロほど体重を減らすことができました。

少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、なんだか、顏だけでなくあそここちらにしわが増えてるように見えます。

しわが増えたことと、ファスティングダイエットとどう関係しているのかわかりませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、取りあえず、肌のケアをつづけつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。

シミなどの色素沈着が生まれつきあって、昔から多くの方の悩みの種になっていました。

先天性なので薄くなることや消えることはないと思われていますが、皮膚科の医療の進歩はとても速く、全く跡が残らないとは言えなくても、シミやアザなどを薄くできるケースがほとんどです。

顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、専門医によるカウンセリングを受けるだけでも、治療の可能性がわかってきます。

口コミなどで、シミなどを消した人の話をできるだけ集めると、参考になるかもしれません。

肌というものは年齢を表す鏡のようなものです。

目の周囲はとくにそれが出るもの。

青黒く見えるくま瞼のゆるみなど他人が指摘するだいぶ前から本人は不安を感じているはずです。

お肌の弾力性やリフト機能が失われ、一度シワができると、もとに戻すのには苦労します。

特に日光が避けられないところである目元、額、首などの肌の劣化に悩んでいる人も少なくありません。

ある程度専門的なスキンケア製品などで肌質の改善が必要でしょう。

毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を活発にすると考えられています。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

水分不足はお肌の血行不良を招きます。

老廃物がお肌にたまるので、シミやくすみを悪化させてしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、お顔にシワやほうれい線も目たつ結果になるので、ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、それだけで肌は薄くなる沿うです。

というのも、肌の一番外側に位置する表皮はごく薄い層の集まりで、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮は皮膚のバリアという大切な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷を受ける確率が高まります。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、こうしてシワやたるみは生まれます。

肌荒れ時に化粧するのは、ためらいますよね。

メイク用品の注意書きにも肌トラブルの場合は使わないでくださいと書いてあったりします。

とはいえ、紫外線に対する予防だけは必ずしておくことをお勧めします。

下地や粉お知ろいのようなものを軽くでも付けておく方が安心です。

なるべく紫外線を受けない生活を目指しましょう。

ついに誕生日を迎えてしまいました。

これで私も40代になりました。

今までは日焼け止めとローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、こんな簡単なスキンケアでは足りない年齢ですよね。

老化防止の方法にはいろいろな対策があるらしいので、調べる価値があると考えている今日この頃です。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、毎日のご飯の内容を見直してみるのはどうでしょうか。

毎日毎日の食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)が変わると、肌も目で見てわかる程の変化をします。

こうしてシワ、シミその他の肌トラブルも徐々に改善にむかうでしょう。

そもそも私立ちの身体そのものが、毎日の食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)によって構成されていると言っても過言ではないのです。

難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それからご飯内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のお肌改善法であり、アンチエイジングです。

生活の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。

スイーツに目がないという方はちょっと考えてください。

砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身の老化を早める糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。

肌でコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)が糖と結びつき、糖化物質ができて糖化産物の色が目立って黄ぐすみが生じたりシミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。

何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので老いに逆らう食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を不可能ではなくなります。

豆、ゴマ、玄米、海藻、野菜、魚、シイタケ、イモ、ヨーグルトなどや色の強い野菜の中でもナス、トマト、タンパク質をしっかり口にすることで若返りに効果的です。